韓ドラ【ボクスが帰って来たのあらすじ・登場人物】ユ・スンホ/チョ・ボア主演

韓ドラ&韓国映画

あらすじ

不当にも暴力事件の加害者として退学になったカン・ボクス。

そんな彼が大人になって学校に戻り復讐を計画するが、
ボクスはまたもや事件に巻き込まれ再び恋愛もするハチャメチャロマンスドラマ。

 

主要人物の紹介

カン・ボクス役(ユ・スンホ)

近所の古い中華料理屋の息子。幼い頃からずば抜けたルックスで知られていた。

イケメンで喧嘩が強く心の優しいボクスは、かつてソルソン高校のヒーローだった。

校門をくぐるだけで熱狂する女子生徒の視線は当然だと感じ、おせっかいにも勝手に割り込み喧嘩の仲介役にもなった。

夢も無く勉強も出来ず家も裕福ではないが、何の問題もなかった。

毎日給食を食べ、友達と遊ぶだけで幸せを感じる学生だった。

学校はボクスにとって公園のような場所だった。

学校で起きた暴力事件の加害者として退学させられるまでは…




ソン・スジョン役(チョ・ボア)

世の中では女性は外見が良いだけでも勝ち組だというのに、スジョンは違った。

何もしなくても堂々と気品ある態度を醸し出し、男は容易く近づけない。

本人は静かに暮らしをしたいのに、時々セーブがきかず事実を言って相手にダメージを与えてしまう。

お疲れ様と言いながら手を握って来る校長に対し、“苦労の分だけ金をくれればいいものの、どうして手を握るんだ”と言い返したり、

自分が寝るまで一緒に居て欲しいという男に対し“永遠に眠らせてやろうか”なんて言葉を吐いたりする。

 

オ・セホ役(クァク・ドンヨン)

ソルソン高校の新任理事長。

整った顔で柔らかい印象の彼は、常に笑顔を絶やさない。

一見金持ちの家系に見えるが、ソルソン高校は勝ち組を夢見ていたセホの母親の離婚慰謝料だ。

もっと横取り出来ると思っていたのに追い出されてしまった悔しさと憎しみがある母親はのもとで、セホは一時も平穏に過ごせなかった。

幼い頃から運転手付きの車に乗っていたセホは、窓の向こうにいるボクスを知っていた。

毎日何かそんなに楽しいのか、大きい声で笑う奴。

鼻で笑いながらボクスとギョンヒョンが遊ぶ姿を盗み見ていた。



韓ドラ&韓国映画の一覧ページに戻る