韓ドラ【よくおごってくれる綺麗なお姉さんのあらすじ・人物】2018年放送・ソン・イェジン/チョン・ヘイン主演

韓ドラ&韓国映画


管理職でアラサーのジナは、大親友の弟、ジュニと再会。

ジニは、小学生から知っている家族ぐるみの付き合いから、

単純に弟として可愛がっていたジュニを男性として意識し始める。

 


ただの知り合いだった2人の男女が恋に落ちて作っていく“本物の愛”とは。

ソンジュンギやソンヘギョの結婚で話題にもなった年上女子、年下男子の、年の差ラブロマンス。

 

相関図

 

主要人物の紹介

ユン・ジナ役(ソン・イエジン)


コーヒー会社の管理職。35歳。

繰り返される恋愛の失敗で結婚しろと口うるさい親を前にため息がとまらず、息が詰まるような日々が繰り返されてた時、

親友の弟ソ・ジュニと再会して、だんだん惹かれ合う。

仕事の処理もきちんとしていて、会社の飲み会などでも、機嫌よく上司の相手をしていたけれど

ソ・ジュニと出逢ったことで上司たちの女性への性意識に疑問を抱く日が訪れる。

 

ソ・ジュニ役(チョン・ヘイン)


ゲーム会社アートディレクター。31才。

病気で母を亡くす。

自分と姉を捨てて、外国に経った父親を恨みつつ、母親代わりの姉と2人で生活してきた。

ゲーム会社に就職し、アメリカ支社で勤務していたが3年ぶりに韓国に帰ってきた。

そして久々に幼馴染の姉ユン・ジナと再会してきれいになったその姿を見たときから、

女性としての魅力をだんだん感じ始める。

 

ソ・ギョンソン役(チャン・ソヨン)


ソ・ジュニの姉であり、ユン・ジナの大親友。

母の死以後、父に捨てられて弟のジュニを必死に守りながら生活してきた。

誰であろうが、ジュニの邪魔をしたり傷つけるならば、容赦なく自身の命を投げられるほどジュニを大切に想っている。

小学校の時からジナとは家族のような親友だったため、

自分に隠して付き合っていた2人の関係を知ったときは、衝撃を隠せずジナとも連絡を絶った。

 

見どころと感想


今や国民の弟と呼ばれるチョン・ヘインが演じたソ・ジュニは現実には存在しがたいほどのルックスから配慮の細かさ、

男らしくも可愛いという魅力がとまらない完璧な年下男。

 


弟のような関係から姉の親友であるジナと恋に落ちたがジナの両親は特に母親は経歴や家柄を重視するため、越えなければいけない壁がやまほどあった。

そんな中でもソ・ジュニが、彼女であるユン・ジナに対する愛をつらぬき、

どんな時も彼女を放さないその真摯な姿にすごく惚れてしまいます。

ソ・ジュニを見てると、“매너남(マナーナム)”=女性に対するマナー男が優れてる韓国男子の例を垣間見れます。

 


ソ・ジュニの魅力にキュンキュンするのは、もちろん年の差を乗り越えて、本当の愛を教えてくれる2人の姿がとっても素敵なドラマです。



韓ドラ&韓国映画の一覧ページに戻る