韓ドラ【私のIDは江南美人のあらすじ・登場人物】2018年放送 イム・スヒャン/チャ・ウヌ主演

韓ドラ&韓国映画

あらすじ

産まれた時から根っからのブサイク。

子供の頃から“ブサイク”だとからかわれてきた主人公ミレ。

整形手術をすれば新しい人生が手に入ると思ったミレは大学に入学後、

夢に描いていたキャンパスライフとは異なる状況に直面しながらも本当の美しさを見つけていく。

韓国では全く特別な事ではなくなった“整形”に対するリアルな考察を込めた青春ドラマ。

 

相関図

私のIDは江南美人の相関図



主要人物の紹介

カン・ミレ役(イム・スヒャン)

韓国大学 化学科 2018年度入学

夢が叶った。ブサイクから美女になれたのだ。

しかし夢を叶えた女性は数多く存在する。しかも似たような姿で。

通称“医卵生姉妹たち”

同じ服を着た人とばったり会ってしまった時の恥ずかしさも結構なものだが、服の様に脱ぎ捨てる事の出来ない同じ顔…。

果たしてミレはブサイク時代よりも幸せになれたのだろうか…?

 

ド・ギョンソク役(チャ・ウヌ)

韓国大学 化学科・ミレと中学の同級生

容姿端麗なギョンソクの母親はこう言った。

“多くを手に入れて産まれて来た人は、他人を思いやる義務がある”と。

しかしそんな母親はギョンソクが10歳の時に家族を捨てて出て行ってしまった。

母親のせいでギョンソクは美人を疑うようになった。

 

ヒョン・スア役(チョ・ウリ)

韓国大学 化学科 2018年度入学

私はヒョン・スアなんだもの。

この辺りでは私が主人公。だって私が一番綺麗だから。

しかし人の視線には気づいていないフリ、自分が綺麗だなんて知らないフリをしている。

中学生の頃、自分の外見に嫉妬をしている不良にいじめられた経験があるからだ。

だから自分の綺麗さに気づいていないフリ+性格の良さまで兼ね揃える事にした。

そうやって人に愛されて優越感を味わう事に幸せを感じている。

 

ヨン・ウヨン役(クァク・ドンヨン)

韓国大学 化学科 大学院生

努力もしないで世の中のせいにする奴が大嫌い。

金持ちで世の中をナメている奴は軽蔑している。

欲しいなら頑張って手に入れる努力家。

そんな完璧な先輩像であるウヨンを虜にする美女が現れた。それが新入生のカン・ミレだった。



1話のあらすじ

全話のあらすじ

韓ドラ&韓国映画の一覧ページに戻る