韓国映画【공작のあらすじ・人物】2018年公開 ファン・ジョンミン主演

韓ドラ&韓国映画



こんにちは!韓国在住ライターの나나です。

まだまだ暑い日が続きますね。暦では立秋が過ぎているのに、秋の気配はあまり感じられません…。

でも朝方はやや涼し風が吹いたり。はやく涼しくなってほしいものです。

そんな暑さにも負けず、どんどん出てます!新作の韓国映画!

今回は実話に基づいた社会派ドラマ、「공작(工作)The Spy Gone North」をご紹介したいと思います!

 

▷あらすじ

1993年、北朝鮮の核開発をめぐり、朝鮮半島の危機が高まっていた。

国家安全企画部にスカウトされたパク・ソクヨン(ファン・ジョンミン)は「ファン・グムソン」というコードネームで核の実態を探るため、北朝鮮高層部に潜入する。

 

国家安全企画部、海外室長、チェ・ハクソン(ジョ・ジンウン)と大統領以外は「ファン・グムソン」の実態を知らない。

 

そんな中、「ファン・グムソン」は実業家に扮し、北京駐在北朝鮮高幹部に近づく。

 

彼は数年にわたる秘密工作の結果、北朝鮮権力層の信頼を得ることに成功。

しかし、1997年。韓国大統領選直前、「ファン・グムソン」は南と北の首脳部間に隠密の取引があることを察知する。

祖国のため、全てをかけた秘密工作。彼の信念が揺らぎ始める…。

 



▷ファン・グムソン役を演じるのは황정민(ファン・ジョンミン)

南では秘密工作員、北では実業家。

二つの役を熱演するのは、韓国、国民俳優!ファン・ジョンミンです。

韓国映画は彼抜きでは語れないほど、数々のヒット作を生み出す俳優です。

ファン・ジョンミンは、今回の映画を通して、「ファン・グムソン」扮するパク・ソヨンがどうしてスパイになったのか。

彼の信念をわかってほしいとコメント。

 

▷演技派ぞろいの主演キャスト!!

北の上層部を演じるのは、이성민(イ・ソンミン)、주지훈(チュ・ジフン)です。

イ・ソンミンは演技力を高く評価されていて、出演する映画ごとに全く違った表情を見せてくれます!

彼の北なまりがセクシーだとか…。ファンからの反響があったようです。

チュ・ジフンは今韓国で大人気の映画「신과 함께」にも出演。

売れっ子若手俳優です。クールでも笑いを誘う、魅力的な演技が見どころです!

 

ファン・グムソンの存在を唯一知っている上司を演じるのは、조진웅(チョ・ジンウン)。

彼はユン・ジョンビン監督作品は3回目の出演です。

難しい役どころですが、監督と共演者との息はぴったり!緊張感のある社会派ストーリーが生まれます。

 

▷カンヌ映画祭でも絶賛!

「공작」、第71回カンヌ国際映画祭でも上映されました!世界の評論家、観客からも絶賛!

 

▷監督が映画に込めた思い…

監督、윤종빈(ユン・ジョンビン)は若いながらも、社会派、歴史もの、コメディーと、多様な映画を生み出しています。

この映画は国家安全企画部の取材から「ファン・グムソン」の存在を知り、映画化するに至ったと言います。

「何を守るために私たちはこんなに戦わなければならないのか?」

この問いを観客に投げたかった。監督はそう答えていました。

 

▷舞台となる北朝鮮

本物に少しでも近づけるために、脱北者の話を聞いて再現されています。

ディーテイルにこだわったセットはまるで北朝鮮で撮影したかのようです。

映画、「공작(工作」いかがでしたか。

南の北との交流がより活発になっている今、南北関係の関心が高まっています。

南からのスパイという斬新な切り口に、豪華なキャスト!多くのことを考えさせられる社会派ドラマです。興味のある方はぜひ♪



韓国情報【マンナダ】LINE@も登録してくださいね

韓国在住のライターが
韓国情報を配信中