韓ドラ【魔性の喜び のあらすじ・登場人物】2018年放送 チェ・ジニョク/ソン・ハユン 主演

韓ドラ&韓国映画

あらすじ

記憶障害を患った男と濡れ衣を着せられ地獄へ落ちたトップスターのぎこちないけど美しいラブストーリーを描いたドラマ。



相関図

魔性の喜びの相関図

 

主要人物の紹介

コン・マソン役(チェ・ジニョク)

“朝起きると昨日の記憶が消えている”

ソヌグループの後継者序列1位。

5歳の時に親を事故でなくし、4人の叔母のもとで育った。

幼い頃から賢く、小学2年の時に海外へ留学し、世界脳神経分野で最高権威者にまで成長する。

彼はもともと温和な性格だったが、3年前の事故で性格が変わってしまった。

事故後は記憶障害を患い、本来の温かい心もあるがたまに気性が荒くなってしまう。

 

ジュ・キップム役(ソン・ハユン)

 

“愛する家族の為に働く芸能人”

神様がくれたスタイルの良さと天上の声で、彗星のごとく現れた国民の初恋的存在になる。

3年前、ある事件に巻き込まれたせいで一気に干されてしまう。

しかし“国民の初恋”ではなく“嫌われ者”として再び芸能生活を送る事になる。

3年前に自分との約束を守らなかった男“コン・マソン”に再び出会い、彼女の地獄のようだった生活は徐々に変わっていった。

 

ソン・ギジュン役(イ・ホウォン)

“後継者の目標は韓流スター?”

マソンの従兄弟でありソヌグループの後継者序列2位。

経営よりも韓流スターになりたい彼は、デビュー5年目だが代表作が一つもなく、ドラマの撮影のたびに製作費を出してやっと役を貰える状態。

マソンとは幼い頃から比較されながら育ち、常に嫉妬と憧れがあった。

しかし初恋の相手であるキップムと一緒にいるマソンを見て、初めてマソンに対して嫉妬心を抱いた。

周囲が引き留めるにも関わらず、キップムの復活を積極的に支援する人物だ。

 

イ・ハイム役(イ・ジュヨン)

“女優が三十路を過ぎれば次回作は…結婚です”

帝国エンターテイメント所属の女優。

中堅企業エレベーターメーカー“オルム”の一人娘で甘やかされて育ったせいか、礼儀がなっていない。

長い間無名女優だったが、3年前の事件のせいでキップムが干された代わりに任されたドラマで大ヒット!

一躍国民的女優になった。



韓ドラ&韓国映画の一覧ページに戻る