韓国映画【물괴(ムルケ)のあらすじ・人物】キム・ミョンミン主演

韓ドラ&韓国映画

こんにちは!韓国在住ライターの나나です。

過ごしやすい秋になり、行楽シーズンに突入しました。
ソウルの観光地といえば、仁寺洞、光化門、景福宮…。現地の人でも散歩がてら観光地に足を伸ばす人は多いようです。

景福宮の前にあるのが光化門。秋晴れの日に光化門前の大通りを歩くと気持ちがいいです。
さて、今回の映画はそんな光化門も舞台になっている歴史アクション映画「ムルケ」をご紹介したいと思います!

 

▷あらすじ

時は朝鮮時代。イワン山に野獣が表れた。未だかつてない凶悪な野獣。人々はそれを「ムルケ」と呼んだ―――。
中宗王が君臨して22年、巨大なムルケが表れ、民衆たちを襲いはじめていた。
ムルケに遭遇した民衆はその場で残虐に殺され、生き延びても疫病にかかり苦しみながら死ぬ。
民衆は次第に恐怖に呑み込まれていった。

 

全ての原因を王に攻め立てる官僚たちの計略だと考えた中宗は王の護衛、ユンギョムを呼び、捜索隊を結成する。
ムルケを追いかけるユンギョムと捜査隊は思いがけない巨大な秘密を知ることになるのだが…。


▷豪華な顔ぶれ!4人のムルケ捜索隊

 

ムルケ捜査隊隊長、ユンギョムを演じるのは、김명민(キム・ミョンミン)。
映画、ドラマに大活躍のベテラン俳優です。

王の護衛時代から民衆を守るため、忠実に勤めをこなすユンギョン。
ムルケという未だかつてない野獣が表れますが、民衆のため、果敢に立ち向かいます。
豪快なアクションシーンにも注目です。

 

捜索隊の一人でありムンギョムの一人娘でもあるミョンを演じるのは혜리(ヘリ)です。
ヘリはアイドルグループ、「ガールズデイ」のメンバーでお馴染み。

好奇心旺盛で勝気のミョン役はヘリと息ぴったりです。
父親、ユンギョムと共にムルケ退治に挑みます。

 

 

捜査隊のメンバー、そしてユンギョムの右腕でもあるソンハンを演じるのは、김인권(キム・インクォン)です。
ソンハンはユンギョムを慕う忠実な部下で、捜査隊のメンバーとしてムルケに立ち向かいます。

 

 

王の命令を受け、捜査隊として従事するホ武官を演じるのは、최우식(チェ・ウシク)です。
王からの遣いとしてムルケ退治に加担します。

 

 

▷朝鮮時代の実録からムルケが生まれる

監督、허종호(ホ・ジョンホ)は朝鮮時代の実録に載せられていた野獣の存在を知り、
そこから想像を膨らませ、巨大な野獣「ムルケ」を生み出しました。

監督の好奇心と想像力がたっぷり詰まったアクション歴史劇!
果たして野獣はどんな姿をしているのか。観客の好奇心もくすぐられます。

 

▷韓国初!クリエイチャー歴史映画

ムルケという想像上の生き物はCGで表現しています。
舞台が現代ではなく、朝鮮時代。韓国映画では初めてのクリエイチャー歴史映画という点でも期待が高まっています。

 

“ムルケ”いかがでしたか。
朝鮮時代の実録に記載されていた野獣が想像力あふれる制作陣によりダイナミックに表現されています。

もしかしたら、本当にその時代に巨大な野獣はいたのかもしれません…。
いつの時代になっても、野獣や巨大なものへの好奇心と恐れは無くならないものですね。

ダイナミックな映像で韓国の歴史も楽しめる映画「ムルケ」。ぜひご覧になってください♪



韓国情報【マンナダ】LINE@も登録してくださいね

韓国在住のライターが
韓国情報を配信中